ももたろうときびだんごのはなし

ももたろうときびだんごのはなし

桃太郎伝説

 岡山は『桃太郎伝説』発祥の地。そして「きびだんご」もこの地で連綿と作り継がれてきました。その最たる由縁は『吉備津神社社記』に記された、孝霊天皇の皇子・吉備津彦命による『温羅退治(うらたいじ)』。当時、鬼と恐れられた百済の王子・温羅(うら)は備中国新山(現在の総社市)に居城「鬼ノ城」を構え、船を襲うなど、吉備国(岡山)で暴れ回っていました。人々がその乱暴ぶりを朝廷に訴えたところ、吉備津彦命が大軍とともに派遣され、見事、鬼を征伐。その鬼と戦っている最中、老漁夫が命に「きびだんご」を献上し、それを命は大変喜んで食べたとあります。
 また岡山が古くから黍の産地であったことも『桃太郎話』発祥の地と称される理由です。当社は安政3年より「きびだんご」を通じて岡山の風土と『桃太郎話』に深くかかわって参りました。これから先もおいしい「きびだんご」と『桃太郎話』がともに、日本中の子供たちに愛されることを願っています。

桃太郎絵巻
徳川12代将軍家慶幼少の頃に遊び道具として絵師が描いたものを、安政6年(1859年)に模写したものと伝えられている。

 吉備の国ロマン温羅伝説

ページの先頭へ